2015年モデル・新型S1000RR!リフトオフ!

どーもー

POKO隊長でおます〜〜〜

えー、昨日12日、2015年モデル・新型S1000RRを迎えにBMW モトラッドミツオカさんのところへ行ってまいりました

ショールームに飾れているふつくしすぎるS1000RRちゃんの前で、中谷さんに納車の手続きをしてもらいました

IMG_0330

発電機積んでこれから走りに行きますというようなビジュアルですが、単に降ろし忘れていただけです(^^;)

早く帰って乗りたい、はやる気持ちを抑え、そろりそろりと帰るワタクシ。
マンホール踏んだらサスが痛む!と思いながら運転するワタクシ(笑)

無事家にたどりつきましたが、さぁトランポからおろすぞとなって大変

めっちゃくちゃ重たい動かない
サスの反動を利用して脱出させますが・・・

こやつ・・・全然サスがストロークしねぇ




なんじゃこりゃあぁぁぁぁ(;`ω´;;;;)



必死こいて前後に揺さぶり、なんとかクランプから脱出

そのあとはするするとおろすことが出来たのですが、一苦労しました・・・。


その後近所を少し走りましたが、簡単なファーストインプレッションをば・・・。


まずまたがって気づくのが、座面の高さです
旧型と比べて3センチだったか5センチだったか高くなっていて(要確認)、隊長的には軽く走った感じでは前の方が乗りやすかったです
まぁこれはサーキットを走ればその恩恵が受けられるのかもしれません。人によっても好みは分かれますから、あくまで私の感想でございます

その次に気になったのが、フライバイワイヤです。
この捻った時のぬるっと感・・・バネだけの戻り、ワイヤーを引いていない感・・・


なんじゃこりゃあぁぁぁぁ(;`ω´;;;;)


よく回るので一抹の不安を感じつつ、華麗にリフトオフ


ガチャン


ものすごくぎこちない


シフトインジケータを見ると2速




正チェンだった



一人で寂しく楽しくSちゃんと戯れながら近所を流しましたが、走り始めるとこれがまぁ軽いのなんの。。。

ニンジャとは比べ物にならないぐらいヒラヒラと切り返しますし、ギャップを拾った時の安定感も旧S1000RRよりもバツグンです

まことしなやかにサスが仕事している感が伝わってきます

そして大注目のオートブリッピングシステムもかなり優秀です!
500〜1000回転ぐらいの範囲で踏み込むと同時にエンジンを煽り、シフトダウンが可能です。

この時のシフトフィーリングは、カチッと入るよりかはぐにゅっと踏み込むような感じです。

また速度域(回転域・アクセルの開度)によっては入らないこともあります。
これは実際乗ってみて試さないとコツがわからないと思いますが、そう難しいことではないと感じました。

通常、バイクを乗りながらブリッピングという動作をするときは、ブレーキング→ブリッピングしながらシフトダウンします。これはどちらかというと攻めている時の動作に近いと思います。
つまり今回のSに搭載されているこのシステムもその動作をするときに最適化されているように感じました。
ツーリングのように乗っていて、60キロ巡航・パーシャルでスロットル全閉して踏み込んでも入らないことが多いです。まさに乗ってみて慣れてもらう他ないですね

少しコツをつかめば気持ちいいぐらいシフトダウンしていきますよ

さらに気になった、アクセルを戻したとき、シフトダウンしたときのアフターファイアです。
ボンボンボンとまぁよく未燃焼ガスが燃えてくれます。

燃料が濃いセッティングなのでは?という意見や、よく掃気されているような、単純に燃料が薄いような気もする・・・従来のS1000RRでは無かった感覚です。

これもまたメカニックさんに聞いて実際のところを聞いてみようと思います

→聞いてみましたコンピューターも慣らしをしているようで、最終的に最適な状態へもって行ってくれるようですてことはオーナーのクセなども把握して自己セッティングするということでしょうかハイテクですな・・・

→さらに加筆!ミツオカのメカさんに聞いたら排ガス規制の問題で単純に燃調が薄いだけのようでした(^^;)

そうやって新しいSちゃんと対話をしながら、家に戻ってきました。

するとEIGHTのKanataさんから、今すぐS1000RR乗って会社に来ないとひどいぞS乗って会社きてよ!とメールが来たので、新車お披露目に行くことに

10847268_839070842852284_4274423422719359129_o

10959933_839070839518951_7489773393130209997_o

156080_839116486181053_8586505229049820783_n

エンジンをかけてその音量の迫力に一同感嘆、リアシートのスリム具合にまた感嘆、そのルックスに感嘆、なんともテンションあげてくれるバイクでございます

EIGHTのKanataさんもまたがってご満悦です



2015年モデル・新型S1000RRFRPフルカウルの開発も行うようで、ここはこうしようああしようという簡単な打ち合わせといいますか、イメージを膨らませておりました。
いやぁ、今から楽しみですね

今はまだ他の仕事が立て込んでいるので無理ですが、今から完成が楽しみですね


しかしわれわれ、サーキットを趣味程度ではありますが嗜む者として、サスペンションの動きやディメンションの設定など気になるわけです。
Kanataさんが前後にストロークしたときのことでした。


・・・んこれ全然動かなくない


という言葉に、はっと息を呑みました
そうです。トランポからおろした時の「重さ」です。
実走しているときの切り替えしの気持ちよさからは想像のつかない硬さです。

前後電子制御なSちゃん、もしかして・・・と思い、キーを捻って通電させてみると・・・

おおちょっと動く


これってひょっとしてエンジンかけるとさらに動く

と思ってエンジンをかけると、


おおさらに動いた

という謎の感動に包まれました
もしかしたらテンション上がりすぎて別の理由なのかもしれませんが、これまた面白いですね

エンジンキーオフで減衰マックスだとすると、なるべくバネに負荷をかけないような保存状態にするという意図があるのか・・・憶測だけが飛び交ってワイワイと盛り上がっておりました

このあたりもまたメカニックさんに聞いてみようと思います

→聞いてみましたサスペンションを動かす電磁コイルに通電・作動させる仕組みのようですフロントフォークに関しては、オフにすると一番高い位置まで戻るらしく、バネが一番伸びてる状態で停車するようです。
ほんますんげいですなびーえむ

これから暖かくなってきますし、ますます走るのが楽しみですね
皆様も安全装備は十分に、バイクライフをエンジョイしてください
特に胸部強打による死亡事故が多いので、胸パッドはあるかないかで生死が分かれますよぉ〜

2015年・新型S1000RR!この目でしかと収めてきました!!

こんにちは、POKO隊長です。

今年に入って、実に6回6回もS1000RRの夢を見ている隊長です。 (病気)

しかも最後の夢はトリコロールカラー3台配車、うち2台が成約済みという夢でした。

なんとショールームにも3台配車されているという正夢になりましたね〜。
実際は3台とも成約済みでしたけどね

そのうちの2台がショールームにありました


IMG_0243

いや〜、カッコイイですな〜

このカラーリングがバッチリ決まっております!

IMG_0245
↑こちらスイングアームについているセンサーっぽいもの。
おそらく電子サスを作動させるためのセンサーの一つではないでしょうか?

IMG_0258
↑左側のトップキャップになっているようなものも電子サスのセンサー類でしょうか。

IMG_0251

IMG_0250

IMG_0253

IMG_0252

概観の写真ですが、各部ブラッシュアップされてよりスタイリッシュになってきています。
ただ個人的にスクリーンの形状はZX10Rみたいな、スクリーンだけが飛び出てる感じが好きなので、そのあたりがちょっと残念。

IMG_0246
↑ディスクローターはブレンボOEM?

IMG_0247
↑バトラックスS20。多分S20 EVOという新しい方だと思います。古いS20は190サイズがなかったと思うので・・・。多分です。個人的にはα10がよかったな〜。

IMG_0254
↑サイレンサーですね。スリップオンで変えたら音も激変しそうです。パワーカーブは簡単には変わらないでしょうけど。。。

IMG_0260
↑エキパイの4→2→1の2の部分です。とぐろ巻いてるのかなと思ったら後ろのほうで集合してるだけでした。

IMG_0261
↑こちらはオイルゲージ。向かって右側、乗って左側にありました。

IMG_0259
↑そして目玉の、いきなり逆チェンできますよシフトペダル
隊長的にはこれありがたいです

IMG_0255
↑こちらはアッパーカウルの裏側です。ステムホールが・・・見えないですね・・・。
もっとこう・・角度をこらして・・・

IMG_0257

・・・ん


IMG_0256

やっぱりかー
ステムホールにさすタイプのフロントスタンドが使えませんやんか・・・。
メカニックさんに聞いたら、ホースの取り回し変えちゃう!って言ってましたが、このあたりちょっと工夫して設計してほしかったな〜。

とまぁこんな感じで舐めるように見回してました。

その後東京へ出張に行っていた樋口店長がお帰りに。

IMG_0249

なんと年間売り上げ100%達成トロフィー
さらに110%達成しました

おまけに個人に表彰される、大変よく売りました全国第4位だよ賞まで(正確な名前忘れました(^^;))

これまたベンベはトロフィーの形まで小粋でおますな。
いいですやんいいですやん〜

ちょっと自分家から茨木市までは2時間近くかかっちゃうので、気軽に行けないのが残念ですが、こういう面白い話を聞けるのもショールームに行けばこそです。
近くにいらっしゃる方は是非僕の分までコーヒーのみにいってください(笑)

そうこうしてるうちに、メカニックのU山さんが、外出先から帰ってこられました。
メカニックのU山さん、ものすごくいい人です。やさしいんです。
その後朝比奈レーシングさんにお邪魔する予定で、自分のミニバイク積んでたんですが、これまたいろいろとお話聞かせてくれましたいつもありがとうございます

しばしの談笑のあと、あ、そうそう〜と中谷さんが倉庫から預かり物を・・・。

IMG_0248

つくかどうかわからないけどあげるよ!とまだ出会って間もないダンディなお方から、S1000RR用のアクスルスライダーをいただきました
しかもこれめっちゃお高いですやん
恐れおののきましたが、是非使ってくださいとのご好意、ありがたく頂戴いたします

しかもこのお方・・・風のうわさでは学業方面でもお話が合いそうで、次お会いした時にその話を振ってみようと思います楽しみです

納車しましたらその手でスライダー装着しますので、適合お待ちくださいませ
本当にありがとうございます

※全然興味ないと思いますが、私の愛機は12日納車日となりました(笑)

YZF-R25 フルカウルがEIGHTさんより販売されました!ステップアッププレートも装着!

こんにちは、隊長です!

少し・・というかかなり遅くなりましたが、YZF-R25が発売されてすぐに、フルカウルを販売したEIGHTさん、開発がはやすぎでしょ!というお声も数多聞きましたが、そこはカウル屋さん、プロ根性の見せ所といったところでしょうか!?

近所のりんくうシークルにある、バイクセブンにフルカウルをまとったYZF-R25が展示されているということなので見てきました!※今はもう引き上げられてしまってます。

IMG_0124

IMG_0123

IMG_0128

ほんとこの造形美は美しいですね!

そしてこちらのカウル、現役プロライダーの意見もフィードバックし、ポジションが重要といわれるライディングにおいて、シートカウルをノーマルより20mmアップした状態で完成しているようです。

気の問題かもしれませんが、私もミニバイクで座面を1、2センチ変化させただけでタイムが1秒縮まりました。
まぁ1秒も縮まるってことはもともとそんだけ遅いってことなんですけどね(^^;)

でも明らかに乗り心地が変わります。フルバンクさせたときの安定感といいますか、荷重異動のしやすさといいますか、かなり重要なことだと個人的には感じております。

かの有名な酒井大作選手にお話をお伺いしたこともありましたが、車高のセッティングはかなり重要だとおっしゃっていました。サスで調整したりする場合もあるが、あまりそちらをいじりたくはないそうで、座面を変えるだけで同じことが再現できるので、そういったところから煮詰めていくのが良いというコメントを記憶しております。

もちろんポジションもセッティングも好みがありますので、十人十色かと思いますが、何よりワタクシ・・・



プロ仕様



という言葉に弱いものでして(笑)

見た目にこだわるのも、プロ仕様なのも、やっぱカッコイイからなんですよね・・・。
だからそれでいいんです(笑)

そしてこのEIGHTさんの開発車両、シャチョーさんの個人の持ち物でもあるのですが・・・

IMG_0126

「今すぐウォーマーと発電機貸さないとひどいぞ」と脅されたのでお貸ししたところ、某サーキットにてノーマルタイヤで即効フルバンクしていたようです(^^;)

ステップアッププレートはキキパパのワンオフ製品ですが、45mmアップでもトゥスライダーがすってしまって、もう少しアップしたいとのインプレでした。

うーん、なかなか!

ところで・・・

IMG_0127

このリアホイールについている、スプロケ止めてるボルトの前後周りについている円形のプレートのようなもの、これなんなんでしょう?


あ、そうそう。
EIGHTさんと言えば、旧式バイクを現行のカッコイイカウルにスワップできるカウルを作る魅力的なメーカーさんですが、このYZF-R25に関してもなかなか面白いアイディアを練っているようですよ!

今後の情報にこうご期待!(^^)

【KITACO】エイプ・XR・NSF100用 DOHC 125ccKIT買いました!品番:215-1417900

いったいいつの話やねん!?っていうね・・・。

2ヶ月ほど前、鈴鹿ツインサーキットでエンジョイ4miniに参加したのはまだ記憶に新しいです。

そこで友人たちから数々の誘惑を受けたのも、これまた記憶に新しいです。


そしてそこに、KITACOさんのブースで、夢のまた夢だった



ダブル
オーヴァーヘッドキャムシャフト




のヘッドキットが半額以上で売られていたのも記憶に新しいです。


え?


どんなのかわからない?


ちょうどいい写真があるんですよ〜
これですよこれ!

IMG_9887

;`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォ



いつかエンジンを買わなければいけなかった隊長は、あれこれ寄せ集めて買うこともできましたが、なんとこちらの逸品、イベント超価格で1基のみ13万円という超価格!

これを買えば全てが解決する上、あとは値段がネックだった自分にとって、これはもう「めぐり合わせ」でしかなく、実はあの時すでに買っていたのでした!( ̄▽ ̄)

だってどうせヨシムラのリペアキット取り寄せていっても同じぐらいするもんね( ̄▽ ̄;;)

IMG_9886
DOHC-4VALVEの削りこみがまばゆいです

IMG_9890
カムはアペックスミューじゃないのが残念ですが、こちらも別の方法でフリクションロスを考えていくので、これはこれでヨシとします

IMG_9891

下に見えております丸い二つの物体がバルブリフターです。この裏にシムが入っていて、バルブを押すわけです。シムは確かDREAM50用のを使うと書いていたような・・・。


IMG_9893

左がヨシムラの排気ポートで、右がKITACO・DOHCの排気ポート
かなり絞り込んでますね。
ヨシムラはただデカイだけじゃなくて、Dポートにしているのも特徴的です。

IMG_9894
こちらは吸気側のポート。
だいたい同じぐらいですかね?28パイぐらいです。


とまぁこんな感じでございます!
しかし実はまだ組み込んでおりません。

なんとなんと、速く走ることよりも見た目がレーシーなことにこだわる隊長は、カートコースだろうがなんだろうが、KITACO製インナーローターを愛して病まない仕様でエンジンを作っているにもかかわらず!
KITACOさんのスタッフ様から、インナーローターとDOHCを一緒に使うと、高確率でチェーンが切れてしまうので非推奨です。という忠告をいただき、もうバルブをつくのは真っ平ご免な私はいそいそとノーマルジェネレーターに戻さなければなりません。。。

パーツ集めや、情報収集、ちょうどシーズンオフですし、来年の3月に向けてゆっくり組めばいいや〜という心持で現在ほそぼそと車体を仕上げて行っております。

しかしまぁこの存在感ったらハンパないですねぇ( ̄▽ ̄)

こりゃキキちゃんも大喜びですな!?

IMG_0011

眠いから勝手にしろと申しておるようですww


だらだらと失礼いたしました!笑


T-TECH×SMGレーシング!エイプ、XR、NSF用エンジンスタンドが届きました!

絶賛風邪気味な隊長です。こんにちは。

いや〜、昨日の夕方になんかおかしいな〜と思って早めに寝たところ、夜中に何度も寝付けなくて起きて、体がだるくてしんどくて、これは完全に38度ぐらいある時のしんどさやー・・・。と思いながら朝を迎えました。
しかし朝には奇跡的に熱も下がり元気になりましたので元気に会社に来ております。

さてそんなこんなで昨日届きました、T-TECHさんのエンジンスタンド。
ブログを読んでいたら、こーーーんな便利なスタンドがあるじゃないですか!
http://teamttech2010.blog117.fc2.com/blog-entry-601.html

縦型エンジン専用のエンジンスタンドですが、マグネチックスタンドの取り付けがものすごーーくいい感じなのです

こちらSMGレーシングさんとこのエンジンスタンドをカスタマイズして、T-TECH仕様に改造したものです。
溶接能力のない隊長は、友達の力を借りて作ってみようか試みたものの、こちらもいろいろと弊害があったので、思い切って買っちゃえ!ということでメールしてみました。

んで届いたのがコレ

IMG_0058


IMG_0057
この謎の切れ込みは使い始めたらわかるのでしょうか?

IMG_0056

なかなかいい感じのスタンドでございます。
お値段、溶接・送料込で9000円ポッキリでした
エンジンスタンドが4500円なので、送料引くと3500円ですかね。
材料代・工賃考えるとなかなかお安いワンオフ加工ではないでしょうか

エエ工具は作業効率も上がるので、是非皆さまも手に入れてみてください 
管理者用
記事検索
メールフォーム

名前
メール
本文