えー、ここのところ、いろいろとカスタム日記を載せております。
・初めてだけど自分でいじりたい!
・面白そうだからやってみたい!
・周りに聞く人がいない!

などなど、さまざまな思惑をお持ちの方がおり、また困難があって触れない方もいるかと思います。そこで!できるだけわかりやすいよう、このブログを見ながらやればできるよう配慮して日記を作っていきたいと思いますので、コレまずいよ!とか、ココもっとわかりやすく!とかいう意見ありましたら、ドンドンおっしゃってください。ブログもまたそのように反映していきたいと思います。

というわけでやりました。
Ninja250R オイルとエレメント交換です。
エアフィルターは前回交換した気がするので今回はやっておりません。

プラグも。と前回の日記で書きましたが、途中来客ありまして、作業再開したころには日が暮れかけ。。

ですのでプラグは明日やりたいと思います。

ではNinja250Rのオイル交換、オイルフィルター交換行きまーす!

■用意するもの

・オイル
4サイクル用のものを用意してください。僕はCastrol アクティブ エクストラ 10W-40を買いました。通販では4リッター4000円で売ってるんですが、お店では6000円というお値段。。。高いわ。。。
よくあるこの10W−40とかいう表記ですが、オイルの質の指標になってます。SAEといいます。基本的には取説など見て同じものを入れますが、高回転を使う場合が多いなど、カスタム、乗り方によって多少の幅を取ることは可能です。

■SAEの見方
10Wと書いている部分は油温が低い時に作用する記号です。つまり始動時です。
エンジン内部は金属でできており、オイルによって被膜されてない状態で金属摩擦が起こると、キズが入ったりかじったり、よくないことが起こります。この時できるだけ粘度の低いものを使うと、エンジン全体に早く回りますが、粘着性が低くて被膜しにくいというデメリットがあります。エンジン止めてしばらく乗らなかったら、エンジンのパーツに被膜してるオイルが下がっていくということです。すると金属摩擦が起きやすくなりますね。10Wでいいと思いますが、取説に従うが一番です◎

その次の数字は油温が高くなってきたときに作用する記号です。つまり回してエンジンが暖気してきたころです。
高回転粋を使わない、街乗りメインであればそんなに気にしなくていいですが、スポーツライディングするなら40ぐらいがいいと思われます。絶えずレッドゾーン付近など、ガンガン回したり、エンジンチューニングしてると50入れる場合もあります。

IMG_0362

・ウェス
拭くモンです。ロールになって使い捨てになってるものもあります。これはちょっと便利。(3つで1000円ぐらい)

IMG_0345


・オイルジョッキ
自分で広告を丸めてジョーゴを作ったり、ジョーゴそのもの持ってる人はいらないかもしれませんが、あると便利です。2リットル用を買いました。(1000円ぐらい)

IMG_0352

・廃油処理パック

これはダンボールにウェスや使い古した下着、タオルなどをつめても代わりになります。要は廃油を捨てる量分吸えばいいわけですね。でも4.5リットルパックが399円なので、それぐらいなら2回分使えるしこれだけ買ってもいいかもしれません。

IMG_0350

IMG_0351

・オイルフィルター(エレメント)、オーリング(大小)

これらもだいたい1000円以内で買えます。キジマは磁石が入ってて、フィルターも通り抜ける微小な鉄粉をそれで吸い取るとか言ってますが、付属してるオーリングが最悪で、サポートの評判も悪いようで。。。オーリングは必ず純正品を買いましょう。
キジマの品番は68152です。

IMG_0353

・シールワッシャー

ドレンボルトのシールに使っているアルミワッシャーです。1つ200円もしません。
オイル交換のたびに換えましょう。

IMG_0348


・シリコングリス

ワコーズのシリコングリスです。別にワコーズじゃなくてもいいですが、ワコーズはケミカルに強いので、オススメです!オーリングなどにつけます。

IMG_0346


以上です。
それと、バイクは結構ボルトが多いですので、自分でやっていこうと考えてる方は
ラチェットレンチはあると便利です。締めこむ、あるいは緩める方向とは逆に回すとカチカチと空回りするアレです。
先っちょのソケットはいろんな大きさがあって付け替えられますが、できたらここはKTCなどのたくさんギザギザがついたソケットをおすすめします。ネジの頭をガッチリホールドしてなめにくいです。
またレンチも長い方が力が入れやすく、無理やり力を入れてネジをバカにしてしまうことも少なくなります。メガネレンチでもいいです。
エレメントの蓋のネジはなめてしまうと大変なことになるので、無理に回そうとするのはタブーでございます。大きさはM10です。





他にも、メンテナンススタンドとかあれば便利。タイヤがついてるタイプは重いバイクでもらくらくスタンドアップできます。JーTRIPというところで買いましたが、スタンドかけるのめちゃくちゃ軽かった。。。
なくてもオイル抜く時に起こせば大丈夫ですよ。

IMG_0360

○印は、フックの受けの部分です。このタイプはV型です。L型はスイングアームに直接ひっかけるタイプだったかな?ちょっと売る覚えです。これよく見るとV型フックの取り付け逆のような・・・


こんなところでしょうか。


次は実際に交換しているところを載せてみたいと思います。