こんにちは、隊長です!

少し・・というかかなり遅くなりましたが、YZF-R25が発売されてすぐに、フルカウルを販売したEIGHTさん、開発がはやすぎでしょ!というお声も数多聞きましたが、そこはカウル屋さん、プロ根性の見せ所といったところでしょうか!?

近所のりんくうシークルにある、バイクセブンにフルカウルをまとったYZF-R25が展示されているということなので見てきました!※今はもう引き上げられてしまってます。

IMG_0124

IMG_0123

IMG_0128

ほんとこの造形美は美しいですね!

そしてこちらのカウル、現役プロライダーの意見もフィードバックし、ポジションが重要といわれるライディングにおいて、シートカウルをノーマルより20mmアップした状態で完成しているようです。

気の問題かもしれませんが、私もミニバイクで座面を1、2センチ変化させただけでタイムが1秒縮まりました。
まぁ1秒も縮まるってことはもともとそんだけ遅いってことなんですけどね(^^;)

でも明らかに乗り心地が変わります。フルバンクさせたときの安定感といいますか、荷重異動のしやすさといいますか、かなり重要なことだと個人的には感じております。

かの有名な酒井大作選手にお話をお伺いしたこともありましたが、車高のセッティングはかなり重要だとおっしゃっていました。サスで調整したりする場合もあるが、あまりそちらをいじりたくはないそうで、座面を変えるだけで同じことが再現できるので、そういったところから煮詰めていくのが良いというコメントを記憶しております。

もちろんポジションもセッティングも好みがありますので、十人十色かと思いますが、何よりワタクシ・・・



プロ仕様



という言葉に弱いものでして(笑)

見た目にこだわるのも、プロ仕様なのも、やっぱカッコイイからなんですよね・・・。
だからそれでいいんです(笑)

そしてこのEIGHTさんの開発車両、シャチョーさんの個人の持ち物でもあるのですが・・・

IMG_0126

「今すぐウォーマーと発電機貸さないとひどいぞ」と脅されたのでお貸ししたところ、某サーキットにてノーマルタイヤで即効フルバンクしていたようです(^^;)

ステップアッププレートはキキパパのワンオフ製品ですが、45mmアップでもトゥスライダーがすってしまって、もう少しアップしたいとのインプレでした。

うーん、なかなか!

ところで・・・

IMG_0127

このリアホイールについている、スプロケ止めてるボルトの前後周りについている円形のプレートのようなもの、これなんなんでしょう?


あ、そうそう。
EIGHTさんと言えば、旧式バイクを現行のカッコイイカウルにスワップできるカウルを作る魅力的なメーカーさんですが、このYZF-R25に関してもなかなか面白いアイディアを練っているようですよ!

今後の情報にこうご期待!(^^)