おはようございます!隊長でございます

この時期は年に一度の一大イベント決算が待ち受けております

隊長は毎日毎夜、財務諸表作成に向けてカタカタしております

割と分厚い財務諸表になりまして、漏れがないか、資産計上できてるか、減価償却は・・・イイイイイィィィィィ!!!となる毎日でございます\(^q^)/


などという言い訳はこのあたりでおいておき2015年モデル、新型S1000RRバックステップ開発で、ベビーフェイスさんにお預けしたところ、いっぱい部品がついて戻ってきました
まずはバックステップからご紹介したいと思います


15S1000RRBSR1GDFit

こちらが右側ステップです
両ペダル軸受けがダブルベアリング仕様で、動きがまことしなやかです

15S1000RRBSL1GDFit

こちらシフトペダル側です
ちょっと隠れて見えないですが、ベース側で3ポジション変更できるようになっています。
シフトペダルやチェンジロッド取り付け位置も複数変更できるようになっていて、とてもいいですね

隊長的にはノーマルペダルですとちょっと離れていて親指で操作する感じになっていました。
これがどーも踏み外したりするわけで、ちょっとやりにくいな〜と感じていたのです。

またレース用ステップでは、剛性を高めるために一部パーツを追加していたり、ペダルに小変更があったりと、もう少し煮詰めたいそうで、現在鋭意開発中とのことです。
レースーユースの皆様、今しばらくの辛抱です

そして気になるソールのグリップですが、ちょうどいい塩梅のグリップ感でステップワークもしやすいときたもんです

シフトフィーリングに関しても、ノーマルは「ぐにゅ」という感じで踏みつけていたのが(逆チェンにしてます)、まことしなやかにスコスコ入るじゃあーりませんか

なかなかの逸品ですね

ステップのポジションは複数選べるようになっております
詳細はベビーフェイスさんのWEBサイトで確認してみてください


以上2015年、新型S1000RR用ベビーフェイス製バックステップの紹介でした

他の製品は追って別記事にてご紹介していきたいと思います


・・・

・・・

・・・



※告知です


2015年新型S1000RRでレース活動をされている方、アンダーカウルやフルカウル、お探しではありませんか

いつも魅力的なラインナップを提供していることで有名なEIGHT(才谷屋)さんも、まもなく開発に取り掛かります
そしてそしてなーんと
ミニバイク活動をしている隊長にとっても、超気になる、NSR50やNSF100等に向けたS1000RRminiの開発も進めていくとの情報です

現在細かいところの打ち合わせをしており、満を持してリリースする予定でございます

ただカウルの開発ってものすごく手間と時間がかかるみたいです
私も何度か開発現場を見学させてもらったのですが、型を取ったり造ったりするのは、もんのすごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく手間隙かかってます



正直・・・よくやるなと・・・




以前あまりにも大変そうな作業を見て、「ほんまによーやりますよねぇ(^^;)」と話したところ、「これ造ってるのが楽しいねん(^^)時間があっちゅーまに過ぎてまうんよ〜」と感想を聞いたことがあります。

こういうのいいですよね1ユーザーからすると、楽しく作られた製品ってものすごく魅力的に感じます
愛情持って造られた製品、手にするこちらまでウキウキしてきます

でもでも、こんなに集中して造っても、カウルがすべて出来上がるのには数ヶ月を要するのだとか。。。

今から出来上がりが楽しみですが、今後の進捗は私のブログでもEIGHTさんのブログでも、ドンドン更新していきますので、今後の情報に乞うご期待です



***** 関連記事 *****

ベビーフェイス製エンジンスライダー・フレームスライダー・アクスルスライダー、新型(2015)S1000RR用