んちは隊長です

今日の記事はベビーフェイス製エンジンスライダー、フレームスライダーとアクスルスライダーについてです。

正直このスライダー系は一生お世話になりたくない部品ですよね

ですが、万が一の時に備え、転倒時のダメージを最小限に抑えてくれる、ピンチのときに本気出してくれる頼もしい部品なんです

IMG_0666

このあたりのパーツは、幾度となくテストを重ね、実績を積み重ねてきたベビーフェイスさんならではのレーステクノロジーが惜しみなくフィードバックされていますので、特にサーキットを走る方は走る前に装着しておきたいパーツですね

IMG_0661

サーキットだけではなく、公道でもその威力を発揮します
たとえば立ちごけや、交通事故なんかの時もそうです



↓↓↓特にこのエンジンスライダーなんかは、クランクケースカバーのBMWのロゴが削れてしまいますし、最悪クランクケースカバーが削れすぎてオイルがダダ漏れ・・・交換部品も何万円も・・・・

そうなる前に取り付けておくのを超おすすめします
IMG_0651

IMG_0662

↑こういうステーになって取り付けるタイプもあれば・・・

IMG_0667

IMG_0668

接着して取り付ける、ドライカーボンの2次カバー+スライダーもあります。

このドライカーボンは、表面にUVカットのクリアペイントが吹き付けられています。カーボンは紫外線でくすんできたりするので、こういう一工夫がありがたいですね

レース活動をして開発しているものが正解とまでは言わないですが、過酷な状況下で製品を作り出さないといけないのは確かなのです。
皆様もぜひ愛車にいかがでしょうか?


***** 関連記事 *****

新型(2015)S1000RR、ベビーフェイス製バックステップ開発されました!