長ったらしいタイトルですみません

前回の記事、2015年モデル、新型YZF-R1、コンピュータ(ECU)の転倒対策に!延長ハーネスキットよりもお得!?にコメントくださったお方からのご質問で、OV-27とNECTO製クラッチホルダーは干渉するのか!?という疑問、結論から申し上げますと、「干渉します」

なので隊長的には、ホルダーを逆につけて、ホルダーの先を削って取り付けています。

IMG_1173

そしてホルダーとフレームのクリアランスはというと・・・

IMG_1171

これあたってるように見えますが、その間目視で恐らく0.5mm以下

ただ・・・、当然NECTOさんも、OVERさんも、お互いの製品の互換性を考えて作ることはなく、あたってしまうのはどうしようもない事実ですね。。

エイプの、エンジンマウントボルトと一緒に共締めして取り付けるクラッチホルダーを使うという手もありますが、私はなぜかアレは好きになれません。整備性も悪いし、NECTO製のホルダーの方が断然使いやすいです

しかしこれ、このように取り付けてしまうと・・・。

IMG_1172

お分かりいただけますでしょうか?

本来なら当たらない部分に、ワイヤーがあたってしまうことになるのです。
クラッチワイヤーで、今写真で見えてる部分はねじってクラッチケースと当たっているところをお見せしております。
クラッチワイヤーにはさほどダメージはいってませんが、ケースには削れた後が出ております。
これもずっと使っていれば、いずれは最悪ワイヤーが切れてしまうということにもなりかねません。

隊長号は1年間使い続けてあまり問題なく使えています。(シフトアップ製のクラッチワイヤーです)

このホルダーのステーを自作するか、ワンオフするかしないといけないわけですが・・・

NECTOさんここOV対策のホルダー別売りで出ないでしょうか

OVの人口は恐らく全国的に見てかなり少ないでしょうから、作ってもボランティアみたいなものですよね・・・

どーか製品ラインナップに増えますよーーーに

それと、OV-27とEIGHT製、ミニガーレのフィッティング具合も載せておきます
個人的に思うのは、フィッティング具合の相性は、やはりマフラーになるのではないでしょうか
カウル自体はなんやかんやと取り付けできますが、マフラーに関してはモノによってはかなりあたってしまいます。

隊長のマフラーは、泣く子もにやけるクロダヤのワンオフマフラーです
バイク預けてパイピングしてもらいましたが、隊長が預けた時のアンダーカウルは実は既成品として売られているOVERのGPパフォーマンスを取り付けていた時に、アンダーカウルが当たったので、カウルをカットして取り付けていた時のアンダーカウルでした。
これをかわすようにパイピングしてもらったので、やはりカウルが当たってしまいます(^^;)

仕方なくアンダーを切ってもらうことに・・・。

IMG_1174

ただ、これの回避方法として・・・

IMG_1178

こことこことつなぐように、若干下へ押し下げるようなステーを作れば、マフラーとカウルが干渉しにくくなります。
あとは耐熱テープなどを貼るなりして工夫してください

その他のフィッティングとしては・・・

IMG_1175

ステムホールからのステーは取り付けていません。
メーターステーから伸びてるカウルステーで止めております。

まぁこんなところでしょうか

オープンに手を出すとなかなか大変かと思いますが、それも楽しみの一つとして頑張っていきましょう

いつも見ていただいている方も、こんな便利な方法あるよとかご存知の方いらっしゃったらぜひコメントくださいませお待ちしております