こんにちは隊長です

2016年4月29日、鈴鹿ツインサーキットにてレイステックさん主催のライスポカップに出場してきました

今回もまたマイマシンのデータ取りにレースに行ってきたわけですが、今回のレース、グリッドはなんと受付順ということで3番グリッドでした

見え隠れする表彰台・・・。

並々ならぬプレッシャー・・・。

どよめきが起こるピット・・・。

人間とは目的がエンジョイ・データ取りと思っていても、「もしかしたら・・・」と思う気持ちが見えた瞬間に煩悩が勝ってしまうんですね

一抹の期待(不安?)を抱えながら、レースの運び、給油の作戦などを話しつつ、ピットで最終整備を行いながら暖機を始めたところ、なんと






スイッチ周りの配線から煙・炎上





アノ瞬間の凍りついたピットの空気、本当に申し訳ございません・・・。

当日は普段ライダーとして出ていただいている方に、スーパーピットクルーとして出ていただいていたので、迅速な作業・対応で配線のトラブルは解決

その後、合同練習走行で、鈴鹿ツインサーキット初走行の若手イケメンライダーにファイナルと感触を確かめてもらうためにコースイン。

短い練習走行が終わった後、ピットにて再度チェック


ざっと見回すと、乾式クラッチが湿式クラッチに変身

原因はシールのグリス切れでした・・・

本当は専用品でないとダメですが、応急処置でシリコングリスを塗布し、再度クラッチを組み上げてレーシング。。。

オイルが漏れても、フルカウルなのでコース外に巻くことはありませんが、油膜切れによるエンジンブローが怖いので、慎重に点検します。。

まぁ3時間の長丁場なので、実際走ってみないとわからないのですが、チェックの段階では「オイルの量以外」は問題なし。。。


そうなのです。。なぜだか僕の考える規定量より大幅に増えて入っており、かなりの不安要素が頭を駆け巡りました。

最悪なのはオイルポンプが壊れてヘッド・オイルクーラーのオイルが戻ってきてしまっているか、あるいはオイルラインが目詰まりして回っていない。。

しかしレーシングをするとオイル量が減っていくことが確認できたので・・・

単純に入れすぎだったのか。。。

結論はこのとき出せなかったので、オプション走行枠を申し込んでさらにテストに出ることにしました

IMG_3854


IMG_3858


オプション走行では特に問題もなく、快調に走ることができました

IMG_3859

Tカーとして持ち込んでくれた友人の車両もテストで走行し、すこぶる快調なのを確認

あとは走るのみです


IMG_3886

IMG_3889

スタート直前の緊張しきっている第一ライダーまる氏(笑)

しかしこの後とんでもない自体が起きるのでした・・・。



スタート30秒前・・・


煮えたぎる闘志とアドレナリン・・・


25秒・・・

20秒・・・


とスタートが近づくにつれ、心臓から送り出される血圧が増していくのがわかります。

残り10秒、フラッグを持つ手が振られかけ・・・

残り5秒、この時すでに全員が振り下ろされるフラッグをにらみ付けております

まるでレッドゾーン付近で回り続けるオイルポンプのように、血流が全身を回り、景色の色が無くなり、スローモーションになり、高く掲げられていたフラッグが勢いよく振りおろされた瞬間


全チームのライダー、ル・マン式で一斉スタート


この時ほど全員の気持ちがシンクロしたことは他に類を見ないぐらいの緊張の一瞬です




そしてわが愛機に全速力で駆けつけるまる氏


しかし



なんかかなり遅い


周りより走るのが遅い


こけるのかと思いましたが、なんとかこけずにキック1発始動で鼓動を与えられた愛機は、スロットルの開度に従順に反応し、甲高い乾いた音を残しながら1コーナーめがけて消えていきました



この時点でなんと7位(笑)


かなり痛恨のスタートダッシュを決めたまる氏でしたが、ミラクルはここで終わらなかったのです・・・。

兼ねてからいろんなレースに出ている私たちではありますが、まる氏は仲間内の中でも上位に君臨しているエースライダーです。

なんと走行開始から5分〜10分ぐらいしたあたりにレースモニターを見に行くと・・・


1位爆走中


まじかよ



さすがまる俺たちにできないことを平然とやってのけるそこに痺れるゥ憧れるゥ


IMG_3891
※iPhoneじゃ綺麗に撮影できませんでした・・・

しかもなんとなんと、2位のRS125フレーム+ソニック125エンジン(?)の激速マシンを引き離しにかかっています

おまけに当日のファステストラップはまる氏が刻みましたすごいぜまる


40分走行し、50分走行し、としている間に、第2ライダーのKawaser氏が、

「俺嫌やぁ〜、こんなバトン受け取るの嫌やぁ〜、監督(ピットクルーの速い人)行って!ほんまに行って!」

根性の無い心にもないことを仰っております

そりゃそうですよね。

これがもし僕だったら



2階から飛び降りて足くじいて強制的にかわってもらいます



しかし決定権は私にありますので、無慈悲にもその懇願は却下しました


そんな感じでピット内は和気藹々とした会話をしていますが、サインボードを出しているピットクルーから、


「まるさん30分ですけどどうします?

『未だにタイム遅くなりませんよね(笑)ホームストレートぴょんぴょん跳ねてるし楽しそうですよね(笑)』

「ですよね!15分追加しときましょか!」

などという無慈悲な制裁?を食らっていることをつゆとも知らないまる氏はただただ楽しそうに周回しておりました。

しかし、サインボードに、5分、10分と刻んでいるタイムマーカーが、30分から動かず、ついには25、20とカウントダウンし始めたのを気づいたあたりから、ぴょんぴょん跳ねるのがなくなりました(笑)


そうこうしてるうちに、55分が経過したところで、事件はおきたのでした。。


燃料コックをリザーブにしていたという痛恨のミス。。


たまたまホームストレートでガス欠になったまる氏は、すぐにコースアウトして、押してピットに戻ってきました。

燃料補給したのち、コックを戻しなおして第2ライダーに交代、再スタートします。

この時すでに7位に落ち、第2ライダーのKawaserは安堵の顔(笑)

しかしまたこのKawaserもそんなこと言いながら、安定の好ラップを刻み、なんと7位から3位まで上昇

スティントを終えて、ピットに戻ってきた後も、「遅くてごめんなぁ〜」と終始申し訳なさそうにしていましたが、4番手も挽回してますからね。。これが能ある鷹の何とやらというやつです。。。ああ恐ろしい本当に恐ろしい

皆さんフルOPEN車両を楽しんでくれている様子で嬉しい限りでした

第3ライダーの若手イケメンライダーに交代したところ、この子もまた速い

初めて走るサーキットなのに、どんどんラップタイムを詰めて、あっという間にまる氏に並ぶラップタイムに。

順位を見ると総合2位、クラス2位という結果です。。。


そう・・・


第4ライダーは私です。。

アンカーは死ぬ気で逃げないといけません。

悲しいことにそんなに速くない私は、本当に死ぬ気で逃げねばなりません。。


第3ライダーがピットインした時はすでに総合3位、クラス2位のポジションだったので、あとは負けないように走るのみです

ツインサーキットはラップタイムを測ったことないですが、きっと自己ベスト更新してます

それぐらいの気概で走った結果・・・・・・・・








IMG_3910


見事準優勝しました

IMG_3898

OSU近スポカップで優勝したマシンのエンジンも担当させてもらいましたし、今回も準優勝ということで、私としてはこれほど嬉しいことはありません・・。

本当に、よく育って走りきってくれたマシンには涙が出ました・・・。

何より全力を尽くしてくれたピットクルー、ファステストラップをたたき出したまる氏、4位も挽回して第3ライダーに繋げたKawaser、2位にあがるのはかなり難しかっただろうに、どんどん追い上げていってくれたイケメンライダー、本当に皆さんありがとうございました

耐久レースは本当にドラマがあって、リタイアしても、表彰台に上っても、いろんな感動がありますね

IMG_3896

IMG_3903

IMG_3895

IMG_3910


また次回もこのメンツで出ましょうね

いい思い出をありがとうございました