こんにちはPOKO隊長です

つい先日まで、バイクワールド伊丹店にてS1000RRを展示しておりました隊長です。
展示中にMotorrad Mitsuokaさんから連絡があり、

ディラ「隊長さん、S車検切れますけど、・・・自分で行かれますよね?」

隊「え・・・あ、はいそうですね」

ディラ「またよろしくお願いいたしますねー」

という電話で、車検切れ発覚(笑)

そしてユーザー車検に行くとつゆにも思っていなかった隊長は、その電話で、「ああ、もうユーザー車検でいいや」と決断(笑)
まぁ各部点検、交換も自分で出来ますし、サービスマニュアルもあるので重い腰をあげてそのうちエンジンもやるつもりでございます・・・。
唯一できないのはコンピューターに繋ぐあれそれですね。。。

まぁ一度は経験かなと思いユーザー車検に行ってみることにしました

管轄地域的に、近畿運輸局 大阪運輸支局 和泉自動車検査登録事務所が最寄なのですが、心強い友人から、「なにわもええで」と教えてもらい、なにわ自動車検査登録事務所まで行くことに


!ユーザー車検に行く前に、数日前にやること!

まず車検証を用意してください。書かれている項目を見ながら、予約をしないといけません。

独立行政法人 自動車技術総合機構というところで、会員登録をしたのちに、車検証を見ながら必要事項を入力すると、予約番号を受け取ることができます。当日この予約番号を書類に書く項目があるので、忘れずにメモして行ってください
他に、最新の車検証、納税証明書が要りますので用意してください。


到着したら、4番の建物に行き、自賠責保険を購入します。
IMG_0560

受付の方がとても丁寧なので、迷うことなく手続きが進められました
必要書類も3枚購入し、その後、同じ建物内で、A窓口、B窓口に続いて印紙などを買います。

IMG_0571

全部でこれだけです。

4番の建物で手続きが終わると、次に2番の建物に行ってくださいと言われるので行きます。
IMG_0575

で、2番の建物に入ると、4番の建物でもらった用紙に必要事項を記入する参考用紙が張り付けられていますので、それ見ながら書き込んでいきます。。予約番号も書くところあるので忘れず書いてくださいね。

あと、定期点検記録簿なるものももらいます。これは点検した結果異常ありませんでした。というチェックシートです。こちらも記入して提出します。

書き終わったら、ユーザー車検と書いた札が下がっている窓口があるので、そこに出します。

もろもろの手続きが終わると、いよいよバイクの検査です。検査レーンの一番右端がバイク用レーンなので、そこへ行きます。

IMG_0564
↑こっちは車用

IMG_0573

バイクはガラ隙でした
5分か10分ほどで順番がきて、ウィンカーやらブレーキランプ、排ガスなどを見られます。

IMG_0566
↑排ガス検査中

IMG_0567
↑無事OK

IMG_0569

このまま台の上に侵入し、機械の指示通りにします。

機械がはじめに、フットペダルを踏めと出てくるので、リアブレーキ一生懸命踏んでいたら、どうやら足元にあるグレーのペダルだったようで

足元のペダル踏めって書いてくれたらいいのに〜〜〜

フロントブレーキ、リアブレーキ、光軸などなど検査し、無事終了となりました!

あ、そうそう、スピードテストも行います。
スピードセンサーはどちらですか?と聞かれて、まったく知らなかった隊長は意気揚々と

「多分後ろです

と答えたところドンピシャでした(笑)

まぁ今どきのバイクはだいたい後ろだと思うのですが、念のため確認しといた方がいいですよ

S1000RRのスピードセンサーはリアです


で、検査終わってちょっと先の右側に、検査結果をガチャコンする機械があるので、所定の用紙を突っ込んでガチャコンして検査員に渡します。
わからない時は聞いたら丁寧に教えてくれるので、なんでも聞いたらいいと思います

で、それが終わったらまた2番建物に行き、23番窓口に行って書類を渡します。

不備がなければ無事車検証もらえますので、無事終了という運びですね〜


やってみて思ったのは、意外と簡単でした

そしてもっとも気になるであろう、ユーザー車検をしたときの費用でございます

先ほどの領収書の画像と、自賠責保険の料金です。
IMG_0571

IMG_0572


こちら合わせまして、なんとお値段・・・・

17,310円



や、や、やすい・・・
まぁそれでもディーラーとのおつきあいで、1年点検やらなんやら思ってましたが、第一声で「自分でいかれますよね?」と言われましたし、何よりここまで安いならもう次からユーザー車検でいいや(笑)

ただまぁだからといって、整備不良なのに虚偽報告してはいけませんよ。
自分で点検できて判断できる人が自身で行かれることを強くお勧めします。

なぜ車検があるのかという意義を考えるとおのずと答えは見えてくると思いますから・・・。

・・・車も自分でやろかな(笑)